中古車は総合的に見て判断をすることが大事

見た目だけで選ばない

中古車を選ぶ時に見た目がきれいなので状態もいいだろうと判断をして選ぶ人は少なくありませんが、見た目だけで選ぶのは禁物です。確かに見るからにサビだらけであったりボコボコの車は状態も悪い可能性は高いものの、外装が綺麗であれば状態が良いのかはまた別物です。人間と同じように車も外面よりも中身が重要であり、走りに関わる部分が良くなければ購入後にトラブルを引き起こしてしまうことになります。外装も重要なチェックポイントの一つなので外装を見て状態を判断する一つの基準にするのは悪くありませんが、あくまでも一つの基準に過ぎないということをしっかりと頭に入れておくようにしましょう。

整備されているかどうかが一番大事

車の状態をはかる目安には年式や走行距離などがありますが、一番大事なのは整備されているかどうかです。極端に言えば車は整備をし続ければ部品が存在する限りいつまでも乗り続けることができますから、年式が古くても過走行車であっても、整備状態が良ければ車として問題なく使うことができます。逆に全くメンテナンスがなされていなければ、比較的新しくても走行距離がそれほど多くなくても故障やトラブルを引き起こしてしまいます。

もちろん、同じ条件であれば年式や走行距離は少ないほうが良いのでこれらのものを全て踏まえた上で総合的に判断をすることが大事です。どれだけ整備がされてきたかをベースとして、その上で年式や走行距離、外装内装のチェックをして車を選んでみましょう。

ボルボの中古車は、輸入車を主に扱う専門店で探す、という方法があります。専門店の方が費用対効果が良かったり、国内ではまず見かけないレアなボルボの車種と出会える可能性があります。